浮腫み

こんにちは、エミシア鍼灸接骨院の松島です。

8月も終わりになりますが、今年もまだまだ残暑が続き日中暑い日が続きそうですね。

暑い日についつい長時間冷房のかかった部屋や、冷たい飲食物ばかりとってはいませんか?

実は夏は浮腫みが一番起きやすい季節なのです。

なので、今回は浮腫みについてお話ししたいと思います。

 

まず、浮腫みとは何か?

むくみとは、簡単に言うと「余分な水分などが皮膚の下に溜まった状態」のこと。
私たちの体内の水分は代謝によって一定量に調整されています。
この水分代謝がうまくいかないことによって、水が溜まるとむくみとなるのです。

 

むくみは血行不良や冷えとも関係が深く、むくみをケアせずに放置するということは、血行不良や冷えも改善されずに放置されてしまうかもしれません。

すると、さらにむくみやすくなり、冷えやすくなりと悪循環が生じます。そして、むくみやすく冷えやすくなった体は、脂肪(セルライト)を溜めやすくなるなど、さらなる悪循環に陥ることも。

セルライトは通常の皮下脂肪と同じものとされています。そのため、基本的には運動やカロリー制限で落とすことが可能ですが、ため込んでしまった脂肪を落とすことは簡単ではありません。

セルライトが蓄積されると、脂肪で圧迫された血液の流れはさらに悪くなります。加えて、脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくいという性質があります。こうして脂肪はさらなる冷えを招き、むくみの原因となっていきます。

 

なので、浮腫みをそのまま放置するとなかなか治らない悪循環をうむのです。

 

むくみをため込まないためには、これらのことがいわれています。

 

■適度な水分補給

水分を必要以上に摂取すると体内の水分量が増え、むくみの原因となります。逆に水分が不足しても、必要な水分を維持しようと体内に水分をため込むため、むくみの原因となってしまいます。水分はとり過ぎても控え過ぎてもむくみの原因となるため、適度な水分補給を心がけましょう。

■塩分の過剰摂取に注意

塩分を過剰に摂取すると、体内の塩分濃度が高くなります。これを薄めようとして、水分の排出は妨げられ、体内に水分をため込もうとします。また、塩分の多い食事は、水分の過剰摂取にもつながります。

このように、塩分の過剰摂取は、水分を体内にため込む要因になるため、むくみの原因になります。厚生労働省では、成人が最低限必要な食塩量(汗をかく運動や労働時は除く)は、1.5g/日と公表しています。適度な塩分摂取を心がけましょう。

厚生労働省HP:「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書

■弾性ストッキングの使用

弾圧ストッキングは、足に適度な圧力をかけることで、ポンプ作用を手助けし、静脈の血流やリンパ液の流れを促進して、むくみを予防します。医療用のものが理想的ですが、薬局などで購入できる着圧ソックスやスポーツ用のものなどでも、似たような効果が期待できます。

 

しかし、なかなか自分でケアするのには時間も労力もかかりなかなかできないという方には楽トレがおススメです。

 

楽トレにより、インナーマッスルを強化してあげることにより、ただむくみがとれるだけでなく、内側の筋肉が安定し自然と基礎代謝も向上痩せやすく太りにくい身体になり、内側の筋肉がつくことにより腰痛や膝痛を改善することも可能となってくるのです。

 

 

夏の浮腫みを秋冬に残さないように、これらの方法をぜひ試してみてください。

 

 

腰痛体操改善体操

エミシア訪問マッサージ浜松中央店の横溝です。

 

先日、浜松市社協在宅サービスセンターみっかびさんにおいて、ご高齢者の方向けの腰痛体操改善体操と、マッサージ体験を行いました。

 

腰痛体操では最初に前にかがんでもらい、ご自身でお身体の状態を確認していただいてから、腰痛改善の体操を指導させていただきました。

 

体操前後で差を感じていただいた方が多数おり、今後も継続して運動をしていってもらえるきっかけになれば嬉しいです。

 

その後は参加者の方のお辛いところをお伺いして、症状に合わせたマッサージを行いました。

 

私が担当した方々は肩こりの症状がある方が多かったです。

普段は家事をされる方、針仕事をされる方、読書をされる方など、何もしてないわよとおっしゃる方もよくよくお話を伺うと身体に負担をかけてらっしゃることが多かったです。

 

これからも皆さま方の健康を支えられるよう、勤めて参ります。

引き続き、国家資格者による「マッサージ」「出張整体」「腰痛体操」「骨盤矯正」など、体験イベントを開催していきます。是非、出張体験イベントのご検討を、お願い致します。

『喜ら里祭』に行ってきました!

76日(土)に『喜ら里祭』にて出張マッサージを行ってきました。豊川市赤坂町にある『喜ら里』さんをご利用している方、グループホームに入居されている方から地域の方まで多くの方がお祭りに参加されていました。

 

スタッフさんたちの全力の出し物に、参加された方からは笑顔あふれる、とても楽しい時間を過ごしていらっしゃったように感じます。個人的には「ひげダンス」と「変装ダンス」に感動しました。そして石窯ピザはとても美味しかったです。

 

エミシア訪問マッサージもほとんど毎年、お祭りには参加させていただいております。

元気な方から歩行が困難な方を対象に、痛みを訴えている所をマッサージしたり、健康相談を行ったりと多くの方に施術を受けていただきました。

 

エミシア訪問マッサージは、歩行が困難でなかなかご自身で病院などに行くことができない方を対象に施術者がご自宅に訪問しております。まだまだ知られていないのですが、毎年『喜ら里祭』に参加するたびに多くの方に知ってもらうための活動をしております。

 

いつまでも痛みがなく、元気に歩くことができるように早めに相談することが大切です。

寝たきりにならないように周りがサポートしてあげることも大切です。無料のお試しをすることもできますので、今まさにご不安を抱えていらっしゃる方、ご家族がいらっしゃったらぜひご相談ください。

 

日々の運動が大事!

こんにちは、エミシア訪問マッサージの酒井です。

もう七月というのに、ようやく本格的な梅雨がやってきましたね。

最近じめじめとした日が続き、体が重だるいことはありませんか?

こういった雨の続く日は「しんどい」とおっしゃる患者さんが多くいます。

特に「車いすに座ったまんまだと足が重たいね。」と仰います。

 

車いすに座ってしまうとなかなか動かす機会が減ってしまい、

下肢がむくんでしまうことも…。

特に雨季の時期は、むくみが強く出てきてしまいます。

 

私が施術させてもらっているAさんも初めてお会いした時は、

膝から下が筒のようになってしまい、関節のくびれが全くない状態でした。

足関節はむくんで突っ張ってしまい、まったく動かない状態でした。

靴も履けず、歩行訓練もままならない様子でした。

 

施術させてもらうようになってから三か月程たつのですが、

今で関節のくびれも見えるようになり、靴も履けるようになりました。

こんなにも早く効果が出たのは、Aさんが週二回のマッサージと

車いすでもできる運動を続けて下さったからだと思われます。

 

みなさんにも、Aさんに指導させてもらった運動をご紹介します。

座ったままでできる簡単な運動です。

事務作業や座りっぱなしの仕事の多い方のむくみ改善にも効果がありますよ!

 

イスに座ったまま、

➀ボールを蹴るように、膝を伸ばす。

 

➁その場で足踏みをするように、もも上げをする。

 

左右10回ずつ行ってください。

上記を1セットとし、1日2~3セットを毎日続けていただけると良いです。

 

Aさんには毎日思い出した時にやってもらいました。

毎日無理なく続けられる運動なので、是非とも続けてください!

 

先ほども述べましたが、Aさんがこんなにも早く効果が出たのは、

車いすでもできるこの運動を続けてくださったからです。

 

週二回のマッサージでの効果は一時的なものに過ぎません。

生活習慣や姿勢などで2~3日程で効果はなくなってしまいます。

マッサージもリハビリも、効果を伸ばすためには、日常の運動が大事です。

続けていただくことで、効果も持続します。

 

訪問マッサージを行う上で、患者さんの協力は必要不可欠です。

Aさんも施術中にたくさんお話しさせてもらい、信頼してもらい、

運動の効果を理解してもらって、信用して、続けていただいたからの結果です。

Aさんには「先生のおかげです」と仰っていただけますが、

わたくしとしては、運動を続けて下さったAさんのおかげだと、感謝しています。

これからは、足の甲のむくみも取りながら、

状態を維持できるように運動を少しずつ増やしていく予定です。

 

エミシア訪問マッサージでは、こういった日常の運動指導も行っています。

患者さんの体調や生活にあった運動方法を指導させてもらっています。

 

パーキンソン病の四徴候

こんにちは!エミシア鍼灸接骨院の飯谷です。
皆さんパーキンソン病ってご存知ですか?
今回はパーキンソン病について簡単にご説明させていただきます。

パーキンソン病の特徴的な運動紹介としては大きく四つあります。
静止時振戦(せいしじしんせん)、無動(むどう)、筋固縮(きんこしゅく)、姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい)の四つです。

これらの運動症状のうち無動があり、なおかつ静止時振戦か筋固縮がある場合に、パーキンソン病を疑います。
姿勢反射障害は他のパーキンソン症候群で早期にみられる症状です。
また、歩行障害、すくみ足、嚥下障害(えんげしょうがい)、姿勢異常なども見られることもあります。
運動症状は左右いずれか片方に発症することが多いですが、徐々に両方に見られるようになります。

 

  • 無動(むどう)
    ・動きが素早くできない
    ・歩くときに足が出にくくなる(すくみ足)
    ・話し方に抑揚がなくなり、声が小さくなる
    ・書く文字が小さくなる

  • 筋強剛(きんきょうごう)
    ・肩、膝、指などの筋肉がかたくなって、スムーズに動かしにくい
    ・痛みを感じることもある
    ・顔の筋肉がこわばり、無表情に感じられる

  • 静止時振戦(せいしじしんせん)
    ・何もしないでじっとしているときにふるえる
    ・片方の手や足のふるえから始まることが多い
    ・睡眠中はふるえがおさまるが、目が覚めるとふるえが始まる
    ・1秒間4~6回ぐらいふるえる
    ※無動、筋強剛、静止時振戦は3大症状と言われ、パーキンソン病の診断の際、非常に重要な運動症状となります。

  • 姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい)
    ・体のバランスがとりにくくなり、転びやすくなる
    ・歩いていて止まれなくなる、方向転換をするのが難しい

治療として、リハビリテーション、運動療法、作業療法があります。

パーキンソン病はなぜ起きるのでしょうか?
私たちの体は、大脳皮質からの指令が筋肉に伝わることによって動いています。
この大脳皮質の指令を調節し、体の動きをスムーズにしているのがドパミンです。
パーキンソン病は、中脳の黒質にあるドパミン神経細胞がこわれて、作られるドパミンが減ることにより発症いたします。

訪問マッサージ清水先生より
エミシア訪問マッサージとしての施術は、膝が曲がらない患者様が多い為、足全体をマッサージし、筋緊張を取る事とROM中心に、転倒しないようにする為の訓練をしていきます。

 

第3回 患者様インタビュー

 こんにちは医療福祉フリーライターの佐藤です。
今回はエミシア鍼灸接骨院や訪問マッサージをご利用いただいております豊橋市のH様を取材させて頂きました。

 

[佐藤]
脳梗塞リハビリ回復センターはどちらでお知りになられましたか?

 

[H様]
チラシで知りました。
訪問マッサージに来ていただいている武藤先生から手渡しでも良かったのだけど、ちゃんと郵送で資料が届いて、それで電話したんです。

 


[佐藤]
以前は、エミシア鍼灸接骨院へ通われていたと伺っておりますが?

 

[H様]
脳梗塞になる前は、良くマッサージに通っており、あのころ仕事で疲れてヘトヘトで、よく窓際のベッドで全身マッサージしてもらっていました。
院内の照明が今より青みがかっていて、アロマの良い香りが院内に漂い、BGMも良い曲がかかっていて癒されたのを思い出します。
私は音響設備屋だから音楽が好きで、名古屋ドームとか良く工事をしに行ってました。
毎日仕事ばかりで、それで脳梗塞になってしまったのです。

  


[佐藤]
働き過ぎが原因だったのですね。

  

[H様]
働き過ぎて脳梗塞になって、お酒の飲み過ぎで心筋梗塞になってねー(笑)
心筋梗塞で入院して、退院したと思ったら今度は脳梗塞で倒れてもう六年・・・。

  

[佐藤]
えっ、心筋梗塞にもなられていたのですか

  

[H様]
胸やけみたいな、気持ち悪い感じがニ週間くらい続いて、あるとき現場で倒れてね。
卒倒ってやつだね、バタンって後ろに倒れて後頭部を地面に強打して大きなコブが頭にできたよハハハ(笑)
医者が言うには、心臓の中に豊田ジャンクションみたいになってる所があって、心臓のコノ場所が詰まったら十人運ばれても八人は助かっていないようです!

  

[佐藤]
脳梗塞リハビリ回復センターへ通われる前と今では、お身体の変化はございますか?

  

[H様]
お陰様で今では、麻痺足側の膝下が動くようになり、歩くのもだいぶ楽になってきました。
今後の目標としては、腿をしっかり上げて歩けるようになりたいです。

  

[院長]
健側と患側のバランスが少しずつ改善されてきましたので、日常生活動作においても、全身の筋力を可動域をしっかりと改善して、お孫さんを抱けるようにしていきましょう!

「リハビリトレーニング体験会」出張開催のご依頼承ります!

エミシア訪問マッサージでは、どのようなリハビリやマッサージを行っているのか、施設様へお伺いしアピールしていく活動を行っております。

入所者様向け「リハビリ体操」や、職員様向け「腰痛体操」等ご要望に合わせて
イベントを開催致しますので、まずはご相談ください。

TEL:0532-35-9418(担当:伊東)

FAXでのご応募は下記PDFデータをダウンロードし、必要事項を記載の上ご送信ください。

申し込み用紙

 

腰痛体操

 こんにちは、エミシア訪問マッサージ浜松の長谷川です。
 施設様よりご依頼いただき、トレナーでもある私、長谷川が腰痛体操セミナーを開催致しました。

第一回目となる今回は進展型腰痛対策として、セルフストレッチとエクササイズの内容で、普段使わない筋肉を重点的にほぐしていきます。
約十五名程の参加者が集まり、皆さんそれぞれが楽しみながら取り組んでおられました。

わたくし、トレーナー長谷川が施設様にお伺いし、一回約三十分、スタッフ様を対象として体操セミナーを開催させていただきますので、ご興味のある施設様は、エミシア訪問マッサージまで、お問い合わせくださいませ。

第一回 患者様インタビュー

こんにちは医療福祉フリーライターの佐藤です。

今回はエミシアの西原先生に同行し、患者様の取材させていただく事になりました。

佐藤
訪問マッサージをご利用される前と後では、どのような変化がありましたか?

患者様
肩の方はなかなか良くならないけど、膝の方はだいぶ楽になってきて、最近は正座ができるようになってきた。

佐藤
なぜ訪問マッサージを利用しようと思ったのですか?

患者様
外科の先生に進められて試してみようと思いました。
以前は「エミシア鍼灸接骨院」の方に通っていたこともあったので、役所へ行って見せていただいた訪問マッサージ業者名簿に「エミシア」と書かれてたので馴染みある「エミシア」さんにお願いしました。

佐藤
訪問マッサージの先生についてはいかがでしょうか?

患者様
よくお話してくれるので良いねー。私、外にあまり出れないから、ヘルパーさんやマッサージの先生が来てくれてお話できるのが嬉しいし楽しみなんです。

西原先生より
患者様の現状の症状を看ながら、お身体の痛みを和らげて「楽」になるよう施術を努めております。
また、お身体だけではなく、患者様の笑顔を引き出せるように、お話しながら心に寄り添うようにケアする事を心がけております。

筆者より
今回の取材で、外出が困難な患者様にとって、自宅に来てくれるというのは、物凄く心強い事だと感じました。接骨院へ自ら行けず、辛い思いをしている方は多いと思いますが、そこで諦めなくとも、訪問サービスといった選択肢があるのだと多くの方に知っていただきたいと思いました。

ハヤリモノにご用心!

こんにちは!ムトウです!

 

遅ればせながらあけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします!!m(_ _)m

 

皆様年末年始は楽しく元気よく過ごされましたでしょうか??

わたしは

とてつもなく元気に寝正月を過ごしました!!!

( ´▽`)(起きて寝て寝て食べて起きて寝て寝過ぎて頭が痛くなってまた寝るという大変怠惰な生活を送りました…笑)

といったように私は元気にぬくぬくホットココアや緑茶を飲んでホッと暮らしておりましたが、我が家の家族は全員インフルエンザA型にかかっておりました!!!(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

 

 

ということで、年末年始は『逆隔離』ということで冒頭の生活を送らざるを得ない事態になってしまってしまいましたっ!!なんということでしょう!!家族でインフルエンザの予防接種をした人から順にインフルエンザにかかってしまいまして…(免疫力が下がっていれば予防接種をしてもかかってしまいます)

 

ということで今回は私がインフルエンザ・風邪対策に気をつけていた事をご紹介したいと思います!

 

①よく食べてよく寝る!

 

元気・免疫は自分の体内だけでは作れません!食べる!しっかり好き嫌いせず3食食べるのです!!朝ごはんを抜くと1日集中力も湧かず、やる気といった気力も湧きません。しっかり食べましょう!!

また、しっかり寝るということも大切です!私は寝床に寝転べば瞬きをした瞬間に朝が来ています笑 それだけ寝てたって事ですね笑 お風呂に浸かってしっかり寝てその日の疲れはその日のうちに取ってしまいましょう!!

 

②手洗い・うがい!

基本中の基本ですが外から帰ってきたら手洗い・うがいをしっかりしましょう!!手というものはとても便利でいろいろな物を持ったり触ったりはたいてみたり撫でてみたりと手の鋭い感覚で脳にどのような形でどのくらいの重さ・大きさがあるのか、危ない物なのか、安全な物なのかを判断しております。その為、目に見えないばい菌や雑菌が付いてます。免疫力がしっかりある方なら大丈夫ですが、自分の免疫力が今どの位なのかわかりませんよね?食事をする際箸やフォークを持つのにどうしても手を使います。(超能力が使える方を除く) 免疫力が低くて食べ物・物経由で口に手に居た雑菌が入ってしまうと簡単に体調を崩します。うがいもうがい薬を使って殺菌して扁桃腺を守りましょう!!

 

③空気をキレイに、加湿しましょう!!

 

外からお家へ帰ってきた時、服にもウイルスや雑菌が付いています。お家へ入る前に手で払ったり、殺菌作用のあるスプレーをシュッシュしたりしてお家の中の空気をキレイに保ちましょう!窓を開けて換気をするのも良いです。

この寒い冬に3時間程窓を全開にすれば換気はもちろんのこと、隠れている頭文字G(ゴキブリの事です)や頭文字Gのタマゴも寒さにやられて死滅します。石油ストーブをご利用の場合は一酸化炭素中毒も防ぐ事ができます。

そんな寒いのに嫌だよ!!という方は空気清浄機を導入してもいいと思います。

また、ウイルスや雑菌は乾燥を好み、肺や気管、喉は乾燥を嫌い、湿気を好みます。しっかりと加湿し、喉が乾いてなくても水分を摂りましょう!!水分が不足すると感染しやすくなるだけでなく、筋肉の引きつりや痙攣を起こしやすくなります。

 

エミシア鍼灸接骨院・エミシア訪問鍼灸マッサージでは、ウイルス・雑菌に対してとても厳しく対応しております。感染通路の遮断の為に次亜塩素酸水を取り入れております。

接骨院入口すぐの所、380ml 780円にて販売しております。

私はこの次亜塩素酸水を施術の前後に使用し、感染予防と空気清浄をしております。

♪( ´▽`)