熱中症にご用心!

こんにちは!ムトウです!

30°を超すような、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
わたしは車に保冷材や凍らせたペットボトル飲料をクーラーボックスに入れてできるだけ冷やしてグビグビと冷たいのど越しを楽しんでおります。
この時期になると1日3回は耳にする言葉がありますね?
そうです!【熱中症】です!!!
毎年流行語大賞にノミネートされるのではないかと思うぐらい聞き、発する言葉であります。
今回は熱中症についてお話ししたいと思います。

 「そもそも熱中症ってよく聞くけどなに!?意味は何となく分かるけどようわからん!!」とお思いの読者様も多いかと思います。

熱中症とは!!
 【初夏から夏にかけて多く発症し、体がついていけない!置いてけぼり!というように環境の変化に体が適応できず、さまざまな症状を引き起こる総称のこと】であるといわれています。湿度の高いとき、気温が高いときに起こりやすいです。(特に季節の変わり目である梅雨、雨が降った翌日の晴天時は危険!)
日本の特徴である高温多湿な環境は大変熱中症になる危険性が高いです。寝不足でしっかり身体を休めていない場合も注意です。

 熱中症には3段階あり、軽度(I度)、中等度(Ⅱ度)、重度(Ⅲ度)に分かれています。
軽度(I度)では、
    ・めまい、たちくらみ
    ・突然のこむら返り、足がつる、筋肉痛
    ・汗がどんどん湧いてくる
    ・手足のしびれ
    ・気分が不快
 このような症状がみられますが熱は平熱、意識がもうろうとするようなことはありません。

中等度(Ⅱ度)では、
     ・頭痛、吐き気、嘔吐
     ・だるさ、疲労感
     ・発汗
 このような症状のときは熱は平熱~40°未満、意識は正常です。

重度(Ⅲ度)では、
     ・呼びかけへの反応、返事がおかしい
     ・けいれん
     ・まっすぐ走れない
     ・異常な高体温
     ・肝臓、膵臓の障害
     ・汗をかかなくなる
 といった症状がみられます。

 軽度(I度)の場合は涼しい所であおむけに寝転がり、身体を冷やしましょう。冷たいお風呂にまったり浸かるのが一番効果的です。
それから水分を摂取しましょう。小学生・大人は500ml~1000mlは一日に摂りましょう(いっぱい飲んでいっぱい出すのが理想的です!)
また、水分だけではなく、ミネラル(塩分)も一緒に摂るとより効果的です!ミネラルが不足すると足をつるといった筋肉に関連する症状が起きやすくなります。

 軽度での処置で改善しない場合、中等度(Ⅱ度)の症状の時ははやめに病院を受診しましょう。
また、頭痛があるからと言って鎮痛剤や解熱剤を服用すると水の代謝を行っている腎臓の機能を抑制してしまい、腎機能障害が現れることがあります。重度(Ⅲ度)の可能性があると感じたら直ちに救急車を呼びましょう。体温が異様に高く、意識障害が少しでもみられる、けいれんを引き起こしているといった症状があれば救急車を呼んでください。熱中症で脱水症状になり、血管内で血栓が形成されて脳梗塞を引き起こされたというお話もありますので…

熱中症の予防策としては


     ・水分、塩分をしっかり摂る
     ・しっかり睡眠時間を確保して寝る
     ・テーブルの下(足元)に冷たい水を張った桶(バケツ)を置く(蹴り飛ばさないように注意)
     ・部屋を涼しくし、風通りをよくする(冷房+扇風機、氷水+扇風機等)
 といったところでしょうか

それでは皆さん、まだまだ暑い日が続きますがお互い熱中症にはきをつけて、夏休みやお盆休みを満喫してくださいね!!( *´艸`)

それではまた!