訪問マッサージ、喜ばれています!

こんにちは、エミシア訪問マッサージ浜松地区担当の鈴木祥代です。

マッサージは、筋肉痛や関節拘縮の様な運動器疾患をはじめ、神経痛や麻痺・痙攣などの神経系疾患、浮腫などの循環器疾患、更には、廃用・老年症候群、難病特定疾患や終末ケアにも効果を得られることが知られています。

筋肉の過度な緊張状態を鎮静させたり、麻痺や鈍麻などは機能を高め回復に向かわせたり、関節拘縮や変形には、周囲の血行を良くしてから、短縮した軟部組織を引き伸ばしたり、癒着を剥離することもあります。

今回は、患者さまからの喜びの声を一部、投稿させて頂きます。

◎身体が温まり、靴下を履かずに眠れる様になった

◎足がつらなくなった、浮腫みにくくなった

◎夜間のトイレの回数が減った

◎長い距離を歩ける様になった

◎手術後、休んでいたディサービスに早く復帰出来た 等々

キーパーソンの方々からも

◎関節が柔軟になり、オムツ交換や着替えが楽になった

◎食欲・意欲の向上が見られ、よく笑う様になった

◎マッサージを受けた日の夜は大人しく眠ってくれる 等のお声が!

定期的に訪問させて頂くことで、些細な変化にも気がつけるため、ご報告やご相談もスムーズです。

施術中は何気ない会話や仕草を通し、お変わりはないか常に意識しています。

訪問マッサージは介護保険ではなく医療保険です。1割負担の患者さまでしたら、交通費を含めても1回約500円くらいで受けられます。

脳出血後遺症の回復例と自主的に動くことの大切さ

こんにちは、エミシア訪問マッサージの宮地です。

今回は脳出血後遺症により言語障害と右半身麻痺になった患者さんのビフォーアフターを紹介していきます。

・マッサージ開始前

入院中のリハビリによって大分回復したものの、まだ言語障害により会話も自発的には難しくこちらの質問に答える程度でした。右半身も右肩から指まで痛みや痺れが有り、関節の可動域も減っていました。握力も少なく、膝も力を入れると痛むため歩行もスムーズには行かず少し進んでは休憩を繰り返す状態でした。

・現在

訪問マッサージを去年の5月下旬からスタートし、現在も継続しています。この方の場合ご家族も非常に熱心で訪問マッサージの他にも訪問介護・通所リハビリテーション・デイサービスに通い、本人も自主的に散歩に出かけたり計算ドリルや言語の組み合わせなどの問題をされていました。

その成果もあり現在では肩関節や指先の可動域が広がり、膝の痛みや歩行もとてもスムーズになりました。握力や筋肉もついたため、簡単な庭いじりや料理、会話もしっかりできるようになりました。

・自主的に動く大切さ

後遺症については人それぞれ度合いが違い、どのくらい回復するかも人によって違います。しかし回復する時にしっかりとリハビリやマッサージを行えば頑張った分だけ効果は出ます。リハビリやマッサージを受けている時以外にも自分で行える運動などをしっかりとしていきましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
エミシア訪問リハビリマッサージは、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、浜松市、西尾市(new)で自力で歩行通院が困難な方を対象に、国家資格者が訪問し、医療マッサージを行っています。
医療マッサージには、医療保険が適用されるため、ご利用者様のご負担はわずかとなります。まずは、お気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。
訪問マッサージのお問い合わせはこちら(無料体験随時実施しています。)
☎(0532)35-9418
訪問リハビリマッサージ http://emicia-houmon.biz/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

腰痛症の患者様

三寒四温な日が続いておりますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?エミシア訪問マッサージ豊橋・豊川エリアのムトウでございますよ♪( ´▽`)

本日は晴れていたのに突然どんよりとした雲に覆われ雪が散らついていましたね!

あぁ寒かった…(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

今回は私が担当させていただいている腰痛症をお持ちの方の鍼灸治療の経過についてお話しします。٩( ᐛ )و

私が担当させていただく事になった頃(初夏の頃)は腰の張り、太ももの裏の張りがとても強く、膝も曲がり気味でした。腰痛も強く、ベッドからよいしょと起き上がる体制で痛みを感じていたそうです。下肢のストレッチ、運動を取り入れながら腰痛を予防、腰痛の緩和をする為に電子灸とステンレス鍼の置鍼を行なってまいりました。すると9月・10月辺りから「そういえば腰の痛みは無くなったなぁ」「ベッドから起き上がるのが楽に、痛みを気にしなくてもよくなったなぁ」と患者様ご自身も治療効果を感じていただけるようになりました。

 

継続してきた治療が私達治療家が実感するだけではなく、患者様ご自身も治療の効果を実感していただけるという事はとても嬉しい事です。

現在は腰痛の予防をしながら肩関節の関節可動域を増大し、痛みの予防を目標としています。