イベントに参加してきました!!

9月23日(土)・24日(日)の2日間

豊橋で開催されたイベントに参加してきました。

毎年お伺いさせて頂いているため、昨年もマッサージをしたよ!

というお客様にお会いすることもでき、「エミシアがいる」と

思って下さっていることに感謝しております。

「マッサージ」または「骨盤矯正」を無料で体験できるとあって

200名近くのお客様に体験していただくことができました。

土曜日の午前中はとくに忙しく、最大で30分待ちとなりました。

ずっとマッサージをしていた先生達は、夕方にはぐったりしていました。

お疲れさまでした。(>_<)

今回は短いマッサージだったので、しっかりとお身体を治していただく

ためのアドバイスもさせていただきました。

痛みが出てしまう前の予防も大切!

骨盤矯正なども、どこが歪んでいるのか?

どうして痛みが出てしまうのか?

ご自身でわかっていることも大切!

治療も1回だけではなく、しっかりと治しておくことが大切!

エミシア鍼灸接骨院にお越しください。

最近はさまざまな所でイベントに参加させていただくことが多くなりました。

黄色の「エミシアポロシャツ」が目印!

こちらのポロシャツを見かけたら、ぜひ声をかけて下さい。

また、エミシアへのイベントのオファーも承っております。

イベントのご依頼は下記の連絡先までお問合せ下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式会社 Emicia.

0532-35-9418

担当 伊東

秋の体調不良、秋バテ?

こんにちは、エミシア訪問マッサージの宮地です。
暑かった気温も下がって、最近は爽やかな秋の風が吹くようになりましたね!


ですが最近、涼しくなってきたのに体調が良く無い…と感じている方、居るのではないでしょうか?
今日はそんな秋の体調不良の原因と普段気をつける事を紹介します。
1.夏場にたまった疲れ。
夏場の疲れで体力が落ちて回復していない事。冷房や冷えた飲み物で体の芯まで冷えてしまい、内臓機能が低下している事があります。

2.急な気温の変化(寒暖差)
朝晩の気温が下がる一方、日中はまだ暑い日が続きます。寒暖差の激しい秋は自律神経のバランスが崩れやすく免疫力が下がってしまいます。
3.日照時間の減少
日照時間の減少で、気分が落ち込み、やる気がおこらなかったり、軽い季節性うつになる方もいます。

今回は彼らについての対処法です。
1.体を温める

ついつい冷たいものを飲んでしまいますが、暖かい飲み物を飲むようにしましょう。朝に飲むと効果的です。シャワーの方はお風呂にゆっくり入るときはシャワーだけではなく、お湯にゆっくりとつかると頭痛や怠さが和らぎます。
2.日の光を浴びる

朝日を浴びる事で身体のリズムが整います。

3.体を動かす
スポーツの秋と言われるように、運動に適しています。体操や散歩などで大丈夫です。
4.早寝早起きをする
早寝早起きをすることで自律神経が整います。

合わせて行うことも出来るので、朝はやく起きて日の光を浴び、少しストレッチをした後に朝食に温かい飲み物を取り入れると良いかと思います!

秋を楽しむためにも、良い生活習慣を身につけましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
エミシア訪問リハビリマッサージは、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、浜松市、西尾市(new)で自力で歩行通院が困難な方を対象に、国家資格者が訪問し、医療マッサージを行っています。
医療マッサージには、医療保険が適用されるため、ご利用者様のご負担はわずかとなります。まずは、お気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。
訪問マッサージのお問い合わせはこちら(無料体験随時実施しています。)
☎(0532)35-9418
訪問リハビリマッサージ http://emicia-houmon.biz/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えん鍼で浮腫み改善

こんにちは。エミシア訪問鍼灸マッサージ、浜松エリア担当の笠原です。

先日、目の下の浮腫みが「えん鍼」(小児鍼の1種)を使用して改善した例を体験したので、今回は「えん鍼」について紹介したいと思います。

まず、小児鍼について。

字のとおり、小児鍼とは子供に使用する鍼のことで、刺さない鍼の1種で、擦ったり、つついたりして使います。癇の虫や夜泣き、虚弱体質等に使用します。また、刺激に敏感な大人にも使用します。そして、

上の写真のものが「えん鍼」です。鍼、といっても先端が丸くなっていて、刺さらないようになっています。柔らかい刺激を与えたい時に使います。上の写真のように、先端で皮膚を擦るようにして使います。このとき、もう一方の手(写真の場合は左手)で、擦った後を追うように撫でると刺激が更に柔らかくなります。浮腫みに使いたいときは、浮腫みのある部位に身体の中心に向かって擦るようにします。

また浮腫みの他、皮膚のちょっとした炎症や痒みのある部位にも使ったりします。

この「えん鍼」ですが、専門の鍼でなくても家庭にある普通のスプーンでも代用できます。柄の方でもサジの方でも良いので、上の写真のように皮膚を擦るように使います。

今回はえん鍼、小児鍼について紹介しましたが、浮腫みのあるときに是非試してみて下さい。

9月に入り朝晩は涼しく過ごしやすくなりましたが、1日の気温差が大きく体調を崩しやすくもあります。風邪などひかないように気を付けて、お過ごし下さい。

夏の終わり 秋の始まり

朝・夕が涼しくなり、昼間は涼しい風が吹いてくるようになりましたね!まだまだ残暑厳しく感じますがいかがお過ごしでしょうか?

日中の温度差についていけず寝起き時に「あれ?もしかして風邪引いちゃったかしら!?!?((((;゚Д゚)))))))」と怯える日々を過ごしております、エミシア訪問マッサージのムトウです(≧∇≦)

私がブログ更新担当の日は毎回雨が降るのかしらと心配してましたが今日はピーカン晴れのお出かけ日和ですね!9月に入ったという事で、町のあちこちでもうハロウィンの準備がスタートし始めてますね。日中の温度差が激しいといつ衣替えしたらいいのかわからなくなりますね(笑)季節の変わり目は夏の厳しい暑さが和らぐ分、秋の涼しさに身体がついていけなくて風邪を引いたり身体のあちこちに不調が表れやすい時期でもあります。

風邪は風の邪と書きます。風邪(かぜ)東洋医学的に読むと(ふうじゃ)と読みます。風邪は後頸部から入り、全身に遊動して身体を不調にしてしまいます。また、様々な邪気を連れて発熱を引き起こしたり、悪寒を引き起こしたりします。

目には目を!風邪には風の付くツボを!(ะ`♔´ะ)

という事で今回は風邪に効く、ツボの名前に【風】が付くツボのご紹介!

 

 

まずは【風門】(ふうもん)

下の図でいうと青丸の所です!

風(風邪)の門(入口)といういかにも風邪が好みそうな、好むお名前のツボです。場所も風邪が入る所、後頸部です。

首を前に倒して後ろから触ると骨のでっぱりを触れると思います。

そのでっぱった背骨から、下に数えて二つ目の突起、
左右外側の指を背骨に水平に2本分離れた位置です。

風邪の引き始め、頭痛によく効きます_φ(・_・

【風池】(ふうち)

下の図でいうと 青丸の所です!

風池は風門から入った風邪が溜まるところだと言われています。こちらのツボも後頸部にあります。

頭蓋骨と首の境目、首を頭蓋骨に向かって触っていくと止まる凹みと耳たぶのラインの真ん中にあります。

こちらも風邪・頭痛・肩こりによく効きます。_φ(・_・

 

また、肩甲骨と背骨の間に温かいシャワーを当てて(一つ目の図の緑色の所)暖めてあげるのも効果的です。風門・風池にお灸をしたり、風邪の予防・風邪の引き始めに是非お試しください!

ではでは!(^^)/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エミシア訪問リハビリマッサージは、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、浜松市で自力で歩行通院が困難な方を対象に、国家資格者が訪問し、医療マッサージを行っています。
医療マッサージには、医療保険が適用されるため、ご利用者様のご負担はわずかとなります。まずは、お気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。

訪問マッサージのお問い合わせはこちら(無料体験随時実施しています。)
☎(0532)35-9418
訪問リハビリマッサージ http://emicia-houmon.biz/